相続について
準備中  人それぞれに個性があるように、相続も千差万別です。
親子、兄弟姉妹の普段の関係が相続の形態にも反映されます。

 いずれにしても、 遺言等で故人の意思により遺産の帰属が明確にされている場合を除き、相続人の間で遺産の分配法についての合意がなされなければなりません。

  法律で定められた法定相続分は、ひとつの目安です。
必ず法定相続分で分配する必要はありません。相続人全員が決めるのであれば、自由に分配できます。

  不幸にも相続人の間で話し合いがつかない場合、裁判所に調停を申し立てることもできます。
また、亡くなった方が生前に遺産を贈与してしまったり、 遺言によって特定の相続人だけに遺産を相続させてしまったりして、 相続人の相続分が著しく害された場合、 不服を申し立てる方法(遺留分の減殺請求)もあります。