不動産を売買しようと思ったら

 まず、 登記簿や公図・建物図面などで権利関係を調べるとともに、 現地の状況(売主以外の人が使用していないかなど)を 確認する必要があります。

  隣の土地所有者との争いがあり、境界が確認できない場合などもあります。

  抵当権や他人の権利が存在する場合であっても、売買代金の決済と同時に権利関係を清算することもできますので、それらについても確認の必要があります。

また、 法令上の制限についても確認することが大切です。
農地の場合は許可が必要ですし、建物の建築ができない土地や建物の建替えができない場合もあります。
一定面積以上の売買には届出が必要な場合もあります。

  未成年者名義や後見を受けている方の名義の場合、 登記名義人本人だけでは処分できない場合もあります。